不妊症治療のスペシャリスト。すべての女性のヘルスパートナー。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

トピックス

不妊治療におけるセカンドオピニオンについて

もし現在の不妊治療について、当院の意見を聞いてみたいという方はお気軽にご相談ください。
費用は保険適用外となるため、実費負担となることを予めご了承ください。
ただ、他院の意見を聞きたいと伝えて、喜んで受けるドクターは現状あまり多くないかもしれませんが。。

その理由としても、様々なクリニックやドクターが存在する中、人と人との信頼のお話ですので、すべてを擁護するつもりありませんが、ということを前提にお伝えしたいと思います。

というのも、患者様もさまざまいらっしゃる中、医師が患者様を救いたいと願い、寝る間を惜しんで一生懸命研究したりする中、お伝えしたことをしっかり守っていただけない患者様だったり、自身の勝手な都合や解釈で結果が出ないと誤解されているというケースもあるからです。ごく一部のお話なので、この文章をしっかりお読みいただいている方であれば大丈夫かと思いますが。

それに、一度きり不妊治療をして妊娠できなかった=失敗、と早合点でとらえて、病院を転々とされるような、いわゆる医者のウィンドウショッピング、コンビニ受診のようなケースも見受けられ、効果が出る前に転々とされて、またイチから検査となったり、大変困っているというのが医師の現状です。焦る気持ちがあると思うので、分からないでもないですが。

ドクターとしても全力を尽くしています。ただ焦っても結果が出るわけではないということをご理解いただければと幸いです。

 

医師はひとりひとり違う日々変化するからだの状態や状況に合わせ、いわゆるオーダーメイド的な、患者様にとってこれがベストというタイミングなどを見極めて診断・治療を行っています。ですから、仮に「今すぐにこどもが欲しい!」と思ったとしても、専門的な見解からすると、申し訳ないのですが少しタイミングがそぐわないということもよくあることでしょう。
お子様を授かるということは、物が欲しい、だから買えば良い、お金を払えばすぐ手に入る。いわゆるコンビニ、スーパー的な感覚ではないのです。これも当たり前といえば当たり前でしたね。

 

あと勘違いされがちなのが、治療といっても医師の腕で多少は左右されることはあるかもしれませんが、不妊治療においては医師ひとりひとり個人差がそれほど差があるとは思えません。

 

どちらかといえば、患者様のからだの状態に左右されるというのはいわずもがなかと思います。
それを言ってしまえば身もフタもない感じもしますが、現実問題として、そもそも治療というものが、治療をします、はい治りました。のような、まるで手術で悪いところを取り除いたり、はがれたものをくっつければすぐ終わる、あたかも壊れた機械を直すように切って貼って交換かのような印象すら受けることがあるのが実状です。

 

厳しい言い方をするようですが、人間のからだというものは非常にデリケートなもので、見た目にはどこにも異常がなく健康に見えても、内面的に精神的なストレスがあるだけで簡単に妊娠しなくなったりするくらいです。そんなに簡単なものではありません。医師ですら人間であり、神ではないのですから。だからより不妊治療を乗り越えてもらえるように、完璧に近づけるよう、妊娠だけでなく出産まで考えて日々可能性を高められないか研究をしながら、わたくしたちもみなさんと一緒に闘っているのです。

 

不妊治療というものは、他ページでもさまざまな視点で触れているのでここでは簡潔にしておきますが、そもそもなぜ妊娠しないのか、いわゆる不妊症となりうる原因はなにかをつきとめ、その原因を取り除くことが一番の治療となります。
女性自身の機能の問題なのか、パートナーの男性側の原因なのか。

 

また畑と野菜に例えると、種がないのに芽はでない。種はあっても畑に養分がなく、作物が育つだけの環境が整備されていない。そもそも作物が育つのに適していない温度や季節であったり環境である。
また畑の話になりますが、ずっと同じ土だと養分がなくなるので、土を入れ替えているということをご存知でしょうか。農業もただ種をまいて放っておけば作物が出来て収穫が出来るような甘い話ではないのです。温度や栄養や水分管理を徹底管理したり、自然が相手ですから、そんな人の見えない苦労があって安定して供給される作物には頭が下がります。それは女性の体も同じように簡単なお話ではないと思います。

 

そして、人間のからだは実に神秘的で畑では例えきれないほどです。例えば排卵障害、ピックアップ障害などもそのひとつであり、やはり人間のからだの機能の複雑さには驚かされます。
妊娠するまでに、これらのことを自然に行っていること自体が奇跡の確率に思えることすらあります。

 

もともと治療をしなくても妊娠する人はする。
治療をしても残念ながら妊娠しない人もいるのが現実です。
こればかりは、安心感はもっていただきたいですが、過度な期待させるようなことはあまり申し上げたくはありませんので、しっかりとお伝えしておきます。

 

こどもが欲しいと思ってから治療をするのではなく、将来こどもを授かるかもしれないという想いで、ご自身のからだのことですから、大切にしていただければと思います。

 

女性自身のみならず男性も日ごろから気をつけていただきたいこととして、生活習慣や偏った食生活、過度のダイエットや過度の喫煙・飲酒、やせすぎ・肥満、生理不順やひどい生理痛を長期間放置しておく。などさまざまな要因がつまりは不妊へと繋がっていることの自覚が必要となり、健やかな妊娠や治療改善への大きな第一歩となります。

 

ただ、忘れがちなのが、高齢という問題ばかりは、いくら見た目が若いとか健康だということでも、卵子自体の老化の観点から妊娠率が下がること自体は自然の摂理として避けられません。女性の社会進出や共働きなどの現代において、なかなか難しい問題かと感じています。

 

ですから、一度の失敗という事実で、他の病院なら成功するかもという安易な気持ちは一旦抑えてみてはいかがでしょうか。いろいろな病院などをご覧いただければ分かるかと思いますが、規模や数こそ違えど、どこのクリニックでもだいたい同じような確率・治療実績かと思います。もともと自然妊娠の確率でも20%前後で、それを専門的な知識や治療を加えてもせいぜい30%程度というものですから。分かりやすくいえば30%といえば、3回に1回成功するという確率ですからね。100%はありえないということ、改めてご理解をいただければと思います。

 

加えて、やはりドクターにとっては患者様に信頼がおける存在でありたいのですが、どうしても現代の医療における問題といいますか、ひとりあたりの医師に対する患者様の数の比率が合わない。いわゆる慢性的な「医師不足」という環境であり、交通アクセスも良く有名でとても混んでいるクリニックにおいては、それが顕著にでていて、すべての患者様を診ようとすると、ひとりあたりにかけられる時間というものが5分あるかないかというのもザラにあります。もっとゆっくり時間をとって、すべての悩みを聞いてあげたいところですが、なかなか難しい問題があるのです。

 

その対策のひとつとしては、当院では医師以外に、知識や経験豊富な専門女性スタッフが、細やかな悩みや疑問の解決して、患者様に寄り添うという役割を担うことにより、医師は診断に専念でき、患者様にとってもより円滑に心地よい診療を受けていただくよう努めています。

 

誤解があるかもしれませんが、有名なクリニックだから安心で他と違い特別だろう。ということは数をこなしている分だけの感覚としては一理はある部分がありますが、実際には患者様の一番気になるところの「不妊治療の技術的」にここしかできないという特別なことは、残念ながら現在のところは特にないと言っても良いでしょう。

 

正直に申して不妊治療を専門としている医療機関であれば、どこのクリニックでもほぼ同じような妊娠率、治療実績といえます。

 

有名というのは実は紙一重で、それだけ人が集まり、ひとりひとりに対して時間がとりようがなくなってきて、機械的な対応になりかねない。患者様の結果を出すためには犠牲になる部分かもしれません。

 

当院としては、セカンドオピニオンをどんどんしてみてはと思います。
気になってしまったことを抑えても患者様のためにはなりませんからね。
でも上記で述べましたが、医師を信じてもらえてないんだなという気持ちが出てしまうというのも、人間ですから正直あるということも本音ではありますが。。話は長くなりましたが、もちろん他院の意見も聞いてみたいという場合は、医師には直接は伝えづらいと思いますので、専門スタッフにお気軽に申し出下さい。

 

最後に、女性自身のからだの問題なのですが、性が絡むことなので、あまり知られていないということが多いようで、正しい知識がなかなか広まりづらい悲しい現実があるため、当院ではブログやトピックスであえて何度も同じこようなことをお伝えしていることもありますので、ご存知の方は再認識のきっかけにしていただけたら幸いです。