不妊症治療の専門医。タイミング法など自然周期から、人工授精・体外受精・顕微授精までの高度生殖医療。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

ブログ

不妊治療はどこに行くべきか悩む方へ

婦人科は近所にもあると思いますが、
一般的な内科や外科の数に比べ少ないのではないでしょうか。
またほとんど行ったことがないという方もいるかもしれません。
そんな婦人科やレディスクリニックのことについてお話していきます。

婦人科はどこも同じか。何か違いはあるのか。

婦人科というとどういったイメージでしょうか。
目に触れやすいところですと、よくTVCMなどで見かけるような、
出版やメディアで不妊治療のことを
もっと身近に正しく伝わるよう
励まれている先生もいらっしゃると思います。

婦人科といってもさまざまあって迷われるのは事実かと思います。
私自身も一人の医師としての立場的な伝え方になるかもしれませんが、
せめてご自身の中で決め手となる基準を設けるための一助となれば幸いです。

婦人科の種類には大きく分けて三種類ほどに分類されるでしょうか。
・日常での女性の悩みを解消するような一般婦人科
・赤ちゃんを産むために必要な施設が充実した産科
・近年ニーズの高まりと共に増加している高度生殖医療の不妊治療専門
ざっくりといえばこれらに分かれるでしょうか。

もし不妊症でお悩みの場合は、
不妊治療専門の病院やクリニックを探してみてはいかがでしょうか。

不妊治療にも症状や年齢に応じた段階や種類がある

人工授精までは一般的な婦人科でも行えるところもありますが、
重度の不妊症ですと体外受精も視野にいれていただく必要があり、
婦人科であればどこでも専門的な治療が受けられることではないのが実状でしょうか。

それが今ご自身がお住まいの近所にあれば幸せな方でしょうか。
多くは都心部に集中し地方に行けば行くほど施設は限られてくるかもしれません。
忙しい方にとっては通院施設が遠方になればなるほど、
時間の制約の中で治療を継続することは大変な負担になることは間違いありません。

不妊治療は改善のために継続していく必要がある

不妊治療は一度の通院で完結できるのであればベストですが、そこは人間の身体。
機械ではありませんので、壊れた部品を交換して終わり。
といったことはまずありえません。

生体のリズム、すなわち生理周期などにも合わせる必要があるため、
定期的に通院しつつ様子を見ながら必要な治療を行い、
ここぞという時のために日ごろから備えていくというイメージになるかと思います。

通院をする中で一番大切なのは、やはり時間ではないでしょうか。
最近では共働きのご夫婦も決して珍しいことではなく、
働きながら不妊治療を行う女性もごく普通になってきました。

不妊治療がはじめての方はイメージが沸きづらいかと思いますが、
通院のためだけに外出するのではなく、
むしろ買い物のついでに通院といった感覚になるかもしれません。

すると診察などが済んでから、買い物などの用事を済ませるなど。
いかに生活の一部に入れられるかなど考える必要があるでしょうか。

治療を継続しやすい環境を選ぶことも大切な要因

例えば、当院ですと、名古屋市内のため比較的交通の便は良いでしょう。
また電車で通勤されている方であれば問題ないのですが、
自家用車で車通勤をされている方ですと、また事情は変わってきますね。
その点においても当院は名古屋市内ですが比較的郊外に位置しており、
かつ当院専用駐車場も完備しているため車での通院も便利かと思います。

電車で通われる方でしたら、
地下鉄(名城線・桜通り線)の2本があり、
さらに名鉄名古屋本線があります。

また、当院は名古屋市ではありますが
南区の玄関口新瑞橋地区ということで、
名古屋市近郊からも大勢お越しいただくため、
お車での通院にも便利な当院専用の駐車場も完備しております。
また近所にはすぐ近くに夜遅くまで開いている大きなショッピングセンター、
イオンモール新瑞橋や生鮮スーパーのピアゴや家電量販店のエディオンなど、
生活に密着した施設が充実しています。
これは名古屋市の住宅地区という位置づけなのも大きな要因かと思います。

ですから、仕事終わりに買い物のついでに通院、もしくは通院ついでに買い物。
こういった日常生活をする上での導線がイメージしやすいのではないでしょうか。

不妊治療は妊娠が目的でなく「元気な赤ちゃんを産む」ことが目的

また不妊治療は、ずっと続けることが目的ではありません。
当たり前ですが妊娠をすること、そして無事元気なお子さんを出産すること。

もし不妊の原因となっている疾患等が完治しうるのであれば越したことありませんが、
子宮内膜症や重度の不妊症の方、また高齢の方などについては、
現在のお身体の状態で最善の手段を選択していく以外に道はありません。
高度生殖医療に求められるのは通常では妊娠が困難な状態において、
いかに妊娠するかがとても大切な課題となっており、
最新の医療をもってしても解決できていない課題は数多くあるため、
日々わたくしたちは少しでも解決できる方法はないか変化をし続けています。

日々発達する先進医療でも治療できないもの

ただ医療がどれだけ進歩しても取り戻せないものがあります。
それは誰でも平等に与えられた時間なのです。
失った機能は取り戻す技術や代替手段があるかもしれませんが。

ですから、なにより一番大切な時間を大切にいただいて、
なるべくご自身の通いやすい場所を選ぶというのはポイントかもしれませんね。

高度生殖医療を行なう当院の特徴

当院は、生殖医療専門医として認定を受けており、
体外受精など高度生殖医療を行えるラボを完備し、
胚培養士など生命のスペシャリストが在籍する不妊治療専門のクリニックとなります。

以前は出産・分娩を行っておりましたが、
妊娠まで至らないという悩みで苦しむ方々の力になりたいという想いから、
不妊症を治療できる環境を整備し現在の形に至ります。

ですから、せっかく妊娠しても、
ある程度安定してきた頃には分娩の行える他病院などへ移っていただく必要があり、
当院として出産に立ち会えないのは非常に残念なことではありますが、
当院で不妊治療を卒業され無事出産を終え落ち着かれた頃に、
出産の嬉しいお便りをいただくことで、とても励みになっております。

わかりづらく不安な不妊治療を分かりやすく

当院では、定期的に不妊治療がはじめての方にむけて
またステップアップを検討されている方にむけて
体外受精の説明会を行っております。

人工授精まででしたら一般的な婦人科でもできる施設は多いでしょう。
もしかしたら家族や知人の中で経験をされたという話を聞くことがあるかもしれません。
ただ体外受精となるとあまり馴染みのないことかもしれません。

ましてや、自分たち夫婦が不妊だなんて思いたくない気持ちもあるでしょう。
そして性の事ですし不妊治療を行っているということをあまり口外することもないため、
またみなすべてが経験することでもないため
正しい知識が一向に共有されず、いざご自身がその立場になった時に、
自分達の感覚で対応してしまうことも稀ではありません。

そういった閉鎖的な情報をいかにして正しくより分かりやすく伝わるか。
わたくしたちが望むのは、いかに早く不妊から妊娠に至るか。
そこに集中してもらえたら幸いです。

■ 関連記事

⇒ 体外受精(IVF)無料説明会のごあんない(先着予約順受付)
⇒ 不妊相談窓口を設けております(説明ページ)
⇒ 通院のことや不妊治療についてのよくある質問ページ

■ こちらの記事もよく読まれています

 名古屋市で不妊治療を行う、山口レディスクリニックの婦人科クリニックブログ 
「 不妊治療 や 妊娠関連に関する 巷に広がる 誤った情報や認識 」 シリーズ
⇒ ” 不妊治療で卵巣機能が若返る、閉経まで妊娠が望めるという誤解 ”
⇒ ” 体外受精すれば何歳でも必ず妊娠できるという誤解 ”
⇒ ” ピルの服用でがんや不妊症になるという誤解 ”
⇒ ” 排卵日・基礎体温の見方に対する誤解 ”
⇒ ” 排卵検査薬に対する誤解 ”

⇒ ” それって不妊症かも?セルフチェックシート ”
⇒ ” 30代女性が不妊治療を行う原因となりやすい病気や疾患ランキング(当院調べ) ”
⇒ ” ブライダルチェックと不妊検査の違いについて ”

 不妊検査、不妊症・不妊治療 について 「 よくある質問 」はこちら
お問い合わせ ・ 受診における 一般的な 「 よくある質問 」 はこちら
他のトピックス一覧を見る
山口レディスクリニック  トップページへ