不妊症治療のスペシャリスト。すべての女性のヘルスパートナー。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

ブログ

不妊治療を行うと自然出産ができないという誤解

結論から申し上げますと、自然出産は可能です。

ただ自然出産でないとすると、帝王切開をすることになるのですが、その方法を選択することが確実ということでしょうか。
というもの不妊治療をされている方の年齢的要因や高齢初産などの理由が大きいかと思われます。

理由としては、自然出産と帝王切開を比較した時、自然出産の方が妊娠から出産の間で流産など何かトラブルがあるなど確率が下がるという要因があります。

体外受精など不妊治療の末にようやくようやくがんばって授かったお子さんを、より確実に出産させてあげたいという想いから、あくまで出産確率の高い方を選択することが多いという感覚です。
ですから、不妊治療=帝王切開するということが絶対ではないわけです。

 

■山口レディスクリニック 婦人科ブログ
「 不妊治療や妊娠関連に関する巷に広がる誤った情報や認識 」 シリーズ
⇒ ” ピルの服用でがんや不妊症になるという誤解 ”

⇒ ” 不妊治療で卵巣機能が若返る、閉経まで妊娠が望めるという誤解 ”
⇒ ” 体外受精すれば何歳でも必ず妊娠できるという誤解 ”
⇒ ” 排卵検査薬に対する誤解 ”
⇒ ” 排卵日・基礎体温の見方に対する誤解 ”