不妊症治療の専門医。タイミング法など自然周期から、人工授精・体外受精・顕微授精までの高度生殖医療。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

トピックス

子宮内膜症・子宮筋腫の方への治療方針

子宮内膜症・子宮筋腫は近年増加傾向にあります。
生理痛など月経困難症の原因になるばかりではなく、不妊の原因にもなります。

子宮内膜症・子宮筋腫の方への治療方針

不妊の原因

1、内膜症は骨盤内の臓器同士を癒着させることもあります。

・卵巣が卵の放出
・卵管への卵の取り込み(pick up)
・卵管による卵の輸送
これらが障害されて不妊に

2、内膜症は骨盤内の慢性的な炎症です。

慢性的な炎症が起こると、腹水が溜まることがあります。
(腹水中には免疫細胞、炎症物質が増加)

・卵胞の発育障害・卵胞の質が低下・受精率の低下
・卵巣内に発育した子宮内膜症(チョコレートのう腫)は卵巣機能を低下させる
これらが不妊の原因に

*内膜症の大きさが7~8cm以上 → 手術が必要
*チョコレートのう腫はがん化することがある。
(発生率は0.5%前後だが40歳以上または内膜症の大きさが10cm以上はリスクが上がる)
画像検査(MRI)により病変の位置を確認
採血検査(CA125)で診断と治療効果判定の補助

内膜症手術後のデメリット

① 卵巣機能が低下する可能性

AMHが低下し、卵巣反応が低くなる可能性がある

② 再発のリスクがある

根治治療ではないため100%治るとは言い切れない

③ 開腹手術になった場合、癒着等の合併症と待期期間が長期化することがある。

④ 内膜症の手術は原則一生に一回限りである

不妊治療の方針

自然周期 or AIH(3周期) ⇒ IVF治療

内膜症の手術後の治療方針

手術後 半年間は待機療法

35歳未満

自然周期 or AIH(半年間) ⇒ IVF治療

35歳以上

自然周期 or AIH(3周期) ⇒ IVF治療

AIHについて

明らかな原因のある人

AIHは3回以内

年齢が38才以上

AIHは3回まで
ステップアップしてIVFに進むか来院時に相談

AMHが低い人

AIHに限らず今後の治療方針を相談