不妊症治療の専門医。タイミング法など自然周期から、人工授精・体外受精・顕微授精までの高度生殖医療。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

トピックス

排卵誘発でOHSS(卵巣刺激症候群)は40歳以上ではなりにくい?

卵巣機能が低下した際に、排卵誘発を行なう必要がある場合。
排卵誘発を行なう際に、起こりうる症状としてOHSS(卵巣刺激症候群)があります。

基本的には一時的な症状です。
ただし、ごくまれに重症化する可能性はありますが、ほぼ心配ありません。
ただ、どうしてもOHSSのことが心配で踏み切れないケースもあります。

実はOHSSは40歳以上ではなりにくいことが臨床現場で分かっています。
逆にOHSSになるということは、まだ卵巣機能が活性化しやすい状態ともいえます。

40歳以上ですと、排卵誘発を行なっても排卵されずらいケースが多々あります。
卵巣機能の低下により、卵巣の反応が悪いためです。
逆に卵巣機能が良く、正常な排卵がされていれば排卵誘発は必要ありません。

排卵誘発は高齢の方ほど行なう必要性がある場合が多くなります。
ですから高齢の場合、仮にOHSSになったとして。
重症化することはごくまれなのでご安心ください。

 

■関連情報

卵巣刺激症候群(OHSS)について
体外受精。胚移植について

< 高齢の方への選択肢、体外受精の方法>
・「ランダムスタート法
・「 短周期複数採卵法

体外受精説明会について(無料・原則毎月開催)
体外受精・胚移植についての詳しい説明ページ