不妊症治療のスペシャリスト。すべての女性のヘルスパートナー。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

ブログ

高齢出産とは、何歳からかご存知でしょうか?

最近ではご存知の方も多いとは思いますが念のため。
結論から申し上げますと、
「35歳以上」 です。

えっ?まだぜんぜん若いでしょ。
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
「高齢」という言葉のイメージを「高齢者」と誤解して、
40代後半から50歳以上などと勘違いしてはいけません。

メディアなどでは有名なタレントさんが、
40歳過ぎて高齢出産をしたなどと
めでたいニュースとして取り上げられたりしていますよね。

たしかに不妊治療の末、出産が出来たいうことは、
医療従事者としても大変喜ばしいことです。

しかし、メディアでなぜとりあげられるか、
一度よくお考えいただければと思います。

それは、 珍しいから” ニュースとして取り上げられている。
と考えても良いかもしれません。

そうです、その年齢での出産がごく自然で
当たり前であればニュースにすらならないのです。

逆に、高齢により長期の不妊治療の末に
断念して取り上げられなかったケース の方が
圧倒的に多いかもしれません。

その上で、
40歳を超えても閉経までは普通に妊娠ができる。
高齢でも不妊治療をすれば確実に妊娠できる。
だから急ぐ必要はない。。。

などという誤解のないように、
現実問題として卵子凍結保存なども視野にいれながら
早めの対応をおすすめします。

 

■ こちらの記事もおすすめ

「不妊治療で卵巣機能が若返る、閉経まで妊娠が望めるという誤解」 ページ
「体外受精すれば何歳でも必ず妊娠できるという誤解」 ページ
「卵子凍結保存について」 説明ページ