不妊症治療のスペシャリスト。すべての女性のヘルスパートナー。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

よくあるご質問

妻は1度受診し婦人科検診的に異常なし。男性のみ来院、検査OKなら不妊症ではないですよね?

まず結論から申し上げますと答えはNOです。

よく勘違いされがちな、婦人科検診、不妊検査という言葉でしょうか。

不妊治療を専門としているクリニックがどこであろうと、1度受診した程度ではOKという判断は難しいと思います。

婦人科検診的には大丈夫だとしても、不妊症かどうかは判断は難しいでしょう。しっかり不妊検査をしていただかないと分からないことが多いのが実状です。はやる気持ちは分かりますが、ご自身で勝手に判断しないようにしていただければと思います。

ではなぜ1度受診したのに判断が難しいのか。

それは不妊症かどうかを判断するために、あらゆる観点から原因となる因子を特定するため不妊検査を実施するのですが、不妊についてはさまざまな原因があるため、それに合わせた多様な検査があるのです。

例えば検査する項目として「子宮・卵巣の検査」「排卵をしているかの検査」「卵管の検査」「最低限のホルモン検査」「基礎体温」など、おおよそ分かる最低ラインのチェックだけでも、1週間に1回のペースで受診されても、およそ1ヶ月はかかるでしょう。もちろん細かくみていくと必要に応じて検査は数多くあります。

では、1度にすべて分かる方法はないのか?という疑問もおありでしょうが、それは体の機能を調べる中で、例えば卵管の検査だと排卵の後に調べる必要があったり、基礎体温をみるために1ヶ月後に再度確認するなど、それぞれに合った女性の身体の時期があるため、いくらタイミングを合わせて1度ですべて調べるということができないのです。

そもそも、婦人科検診と不妊検査というものは別物なので勘違いしないようにしてください。もしかしたら勘違いされている方がいるかもしれないので、念のためお伝えしておきます。