不妊症治療のスペシャリスト。すべての女性のヘルスパートナー。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

トピックス

不妊治療や仕事の想いについて当院スタッフにインタビューしました

「なんとなく。。何をするのか分からないし、不安で怖くて行きづらい。」
婦人科クリニックはハードルが高い、そんなイメージかもしれません。
ただ、現場でがんばっているスタッフが口を揃えて言う言葉として
「もっと早く来てくれたら・・・」
「もっと気軽に来てほしい・・・」
そんな想いや日ごろの仕事ぶりなどを掲載しました。
不妊治療を中心にして行われる現場の生の声。普段あまり聞きなれない胚培養士というスペシャリストなどの声をぜひ一度ご覧いただいて、安心してご来院いただけたら、なんでも相談していただけたら幸いです。
また、これから就職をしたいなどとお考えの学生の方など、少しでもリアルな現場の仕事の雰囲気を感じていただけたらと思います。

検査技師 兼 胚培養士

山口レディスクリニックでは、不妊治療の顕微授精の立ち上げから10年以上携わらせていただいています。立ち上げは大変でしたが、様々な病院などで研修させていただき、ゼロから体制を整えていく仕事ができたことには誇りをもっています。院内の役割としては、検査技師といって、その名のとおり、患者さんの検査に関わるあらゆる機器などを操作する、いわゆる裏方として基本働いています。もちろん、大きな医院ではないので、機械ばかり触れているわけではなく、患者さんと接する仕事もしています。当医院での経験が長いので、その他全般の管理をするようなお仕事も任せていただいています。

学生時代には、医学部保健学科検査技術科学を専攻し、山口先生の元へ就いたきっかけは大学の求人票を見てきました。自分自身、元々人と接する仕事というよりも、裏方で検体相手専門の仕事がしたいと思っていました。ただ、山口レディスクリニックで働き、人と接する仕事をさせていただくようになってからは、自然と患者さんと接することが楽しくなり、現在ではとても重要なことだと実感しています。

山口レディスクリニックは、不妊治療に重きをおいた専門医院のため、出産・分娩を行ってはおりませんが、自身の興味や責任ある立場として、お産よりもいかに妊娠してもらえるかということを重視したいと考えていました。そして、名古屋市内ではありますが、街の小さな婦人科医院ということで、あえて大病院を選ばなかった理由は、大きな病院の検査室で多くの人が出入りするような数をこなす誰でも代換えのきくような役割ではなく、自分しか出来ないというような責任感のある仕事がしたいと考え自ら選びました。

そして、不妊治療という仕事のやりがいは、女性ひとりひとり卵の状態が違うため、自ら考えてより良い方向へ導きくための判断に対し、妊娠したかしないかの結果が明確に出ることで、責任感もとてもある仕事だと考えています。 最後に、患者様へ向けてお伝えしたいのですが、今まで多くの患者様を不妊治療の現場で向き合わせていただき、日々思うことは数多くありますが、一番に伝えたいのは妊娠を望む中で2〜3年以上の間、お子さんを授かることがなかった方が来院されることが多くあり、もっと早く来てくれたらと感じています。どうしても自分が不妊症だという認識や産婦人科に行きづらいという感覚があるのかもしれませんが、ご自身の健康のためにも、ぜひ気軽に健康診断などでご来院いただければと思います。

胚培養士

山口レディスクリニックでは、胚培養士として勤務して3年目となります。他に、外来、受付などの業務も担当させていただいています。学生時代は農学部で現在の仕事に役立つ勉強を専攻していました。

私たち培養士の仕事は、卵子と向き合い、より元気な状態で妊娠をしてもらうためのお手伝いをさせていただく基本は検体相手の表に出にくい仕事です。一般的には患者さんと接する機会はあまりないかもしれません。その中でも私自身、他のクリニックも経験した観点から、山口レディスクリニックでは、患者様と直接お話ができる環境があり、より生命の大切さを肌で感じることができ、患者様の気持ちに沿って、お伝えする方法を意識することが出来るようになったと実感しています。検体と向き合うだけではなく、人の顔がじかに見え接することが、仕事への意識向上や責任感としてとてもやりがいに繋がっています。

少し難しいお話ですが、生命の誕生とは、ただ偶然にして生まれるのではなく、すべての要素がうまくいって生まれるという原理でなりたっていて、時の運などではないと考えています。それは患者様のからだの状態が妊娠・不妊に関わってくることはもちろん前提ではありますが、さらに私たちの培養などタイミングなどの技術・腕に大きくかかっているといっても過言ではありません。さらに、女性の体はひとりひとり違うからだの状態ですから、常にオーダーメイドのように、適宜最善の方法を検討しながら、患者さんに合った方法を見極めて、妊娠・出産という明確な結果が分かる仕事はとてもやりがいを感じます。

患者さんと直に接することで感じることですが、自身の想いと裏腹にうまく伝わらずすれ違ったり、伝えることの難しさを実感したり、責任をとても感じながら、日々仕事に向き合わせていただいています。

そして、体外受精が成功した時など気をつけていることですが、がんばって不妊治療に望む患者様の気持ちに沿っていると、妊娠して成功したということについ喜んでお伝えしたくなるものですが、実は体外受精はまだ無事に生まれるまでに流産をする可能性を秘めているため、患者様にお伝えする時に、はやる気持ちを抑えて慎重にお伝えするように心がけています。もし万が一ですが、悲しい結果になってしまった時にショックが大きいものにならないように、せめてもの配慮です。

最後に、当院院長の山口先生はきさくな方ですが、重要な判断を下したり常に走り回りとてもお忙しい方です。そんな中で患者さんからの思いや伝えたいことがうまく言葉にできないことや、疑問が聞きづらいなどということがあるかもしれません。もし医師に話しづらいことなどがあれば、私たち不妊治療の現場スタッフに何でも相談して頼ってきてください。

看護師

山口レディスクリニックでは、まだ1年ですが看護師として不妊治療の現場に携わらせていただいています。それまでは、産科医院で赤ん坊が産まれる現場に数多く携わらせていただきました。

山口レディスクリニックの職場の雰囲気は、みなさんにはとても良くしていただいて、いつも助けられています。山口先生はお忙しい方なので、私と同じくせっかちなところがありますが、メリハリがしっかりしていて、英語も話せるので名古屋に在住の外国の方も先生を頼って数多くご来院されるので、とても尊敬しています。

看護師というお仕事は、患者さんにとって注射や痛いことをすることが多いので、信頼関係を大切になるべく麻酔中など患者さんの手を握って応援したり、手を当てて「妊娠しますよーに」とおまじないをしたり、なるべくお声がけすることを心がけています。そして、不妊からがんばって妊娠しても、妊娠=ゴールでは決してなく、心では喜んではいますが出産に至るまでは素直に喜ぶことはできません。その後流産をする可能性があるため、まずは第一段階がクリアと気持ちを新たに引き締めています。そして不妊治療を終えてから1年後くらいに元気なお子さんと一緒に来院してくれた時はとても嬉しく、はじめて心から声を大にしておめでとうと伝えることができた、そんな経験が自身の仕事へのやりがいとなっています。不妊症を乗り越えて、お子様をご出産された際には、お子さんと一緒に顔を見せにきていただけたらと思います。

最後に、不妊治療の現場で感じることは、統計的に女性のからだは37歳あたりを過ぎると自然妊娠が゙厳しくなってくるのですが、30歳を過ぎて子どもが欲しいが焦っていない人が多いように感じます。もし妊娠を望んで避妊せずに1年経過してもお子様を授かることがない場合は、不妊症かもと疑いたくないかもしれないですが一度勇気を出して検査してみてほしいと思います。もしご自身が不妊症だった時に妊娠への一番の近道は早期発見・早期治療を開始することだからです。現在では多くの方が不妊症と向き合って戦っている姿を傍で一緒に支えている立場から、不妊は自分だけと思わないでぜひとも頼ってきてほしいと思います。そして山口レディスクリニックへは、病気の確認をしにいくのではなく、健康の確認として気軽にご来院いただければと思います。

看護師(非常勤)

山口レディスクリニックでは、非常勤ですが゙看護師として3年携わらせていただいています。それまでは、妊娠・出産・子育てで一度現場を離れました。自身の出産前は、総合病院の複合病棟で゙様々な患者さんを診させていただく経験をさせていただき、学生時代には産婦人科にいたこともあって、再び働く時は女性のための職場でお役に立てればと思ったのが、山口レディスクリニックで勤務するきっかけでした。

山口レディスクリニックは、山口先生がおちゃめな性格とそれを支える良きスタッフが良い職場の雰囲気を作っていると実感しています。人と人とのコミュニケーションは大切なことですよね。そのチームの中で、自身が妊娠・出産・育児を経た貴重な経験から、患者さんやスタッフさんにとっても母親的な存在として少してでも助言や安らぎを与えられたらと思っています。

自身の経験談ですが、実は妊娠するまで順風満帆とはいかず、流産というとても悲しい体験も乗り越えてきました。そして、妊娠・出産・育児と経験させてもらったのですが、育児は育児書どおりにはならないですし、人生でこれほど大変なものはないなと実感しています。そして患者さんが不妊症で妊娠に至らなかった時などナイーブになり落ち込むことがありますが、私たち看護師としてできる事の中でも、一番大切にしていることは、まずはきちんと話を聞くということです。子どもを授かることの喜びや大変さを経験した立場からできることを精一杯行い、患者さんから「助かりました」「ありがとう」という言葉がとても自身を支えるやりがいとなっています。

最後に、患者さんにお伝えしたいこととして、不妊治療でがんばっている時に、なかなか妊娠に至らず焦る気持ちがあるかと思いますが、不妊治療とはずっと走り続けることではなく、時には休んでいいんだよとお伝えできればと思っています。そうして焦る気持ちが少し楽になった時にお子様を授かることも大いにあったりします。様々な患者さんと接してきた実体験から言えることです。そして、婦人科は医者の中でも特に行きづらいイメージがあるかと思いますが、成人してからの生理不順を軽くみないでほしいと思っています。一生もののたったひとつの自分のからだのこと、大切にしていただきたいと思います。私たちがついていますので、安心して山口レディスクリニックにご来院くださいね。

 

当院での勤務を検討されている方、採用情報を見る