不妊症治療の専門医。タイミング法など自然周期から、人工授精・体外受精・顕微授精までの高度生殖医療。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

トピックス

アンタゴニスト法による体外受精を行われる方へ

topix3(1) 月経3日目からHMG注射を開始します。注射の頻度は1週間に4~7回程度となり、採卵の2日前まで続けます。

(2) 月経6日目頃より定期的に超音波でモニタリングを行い、卵胞2個以上が平均18mm前後となった時点で採血をし問題なければHCGまたは点鼻薬にきりかえ、翌々日が採卵となります。

(3) 採卵前日は注射・点鼻薬等何もありません。

(4) アンタゴニスト法ではLHサージが出現しやすいため排卵が起きやすい点をご了承ください。早発LHサージ予防のため、GnRHアンタゴニストの注射(セトロタイド)を使用します。(1回7,000円)使用開始は最大卵胞径が14mm~16mmになった時点で採卵の2日前まで連日注射します。(最大3回程)

(5) アンタゴニスト法による体外受精の適応

・多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の方
・卵巣刺激症候群(OHSS)になりやすい方
・クロミッド採卵で採卵率の悪い方等

⇒他トピックス一覧を見る