不妊症治療の専門医。タイミング法など自然周期から、人工授精・体外受精・顕微授精までの高度生殖医療。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

お知らせ

4月からの助成金と保険適用について

2022年4月に不妊治療に対して保険適用することが厚生労働省により決定されました。

特定不妊治療及び一般不妊治療ともに、3月中に治療開始していれば、4月以降に治療終了しても、助成金を一度受けることができます。

4月からの体外受精の保険適用は、子ども一人につき40歳未満で移植6回、40歳以上43歳未満で移植3回です。

(治療開始日の年齢が対象になります。治療開始日が42歳であれば、43歳を過ぎても治療を継続していれば大丈夫です)

※令和4年度に関しましては
4月1日〜9月30日に誕生日で43歳になられる方は、
救済措置で移植3回までの治療が可能です。


採卵の回数はカウントれません。
流産された場合は、12週未満であれば1回にカウントされます。
12週以降の流早産の場合は0回に戻ります。