不妊症治療の専門医。タイミング法など自然周期から、人工授精・体外受精・顕微授精までの高度生殖医療。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

融解胚移植を受けられる方へ(持ち物、当日の注意点など)

融解胚移植を受けられる方へ(持ち物、当日の注意点など)

はじめに

移植する胚の数は、9割程度が1個です。

2個まで移植可能なケース(要相談)

・35歳以上の方
・妊娠不成立が2回以上続いた方

※ ただし胚盤胞の良好胚の場合は原則1個とさせていただきます。

来院日・時間

移植時間は、以下からお選びいただきます。
・ 12:30(午前診療の終了後)
・ 16:20(午後の診療開始前)
・ 19:00(午後診療の終了後)
※ 土曜日 13:00のみ、水曜日 12:30のみ受付可

移植確認の電話を、当日午前11時頃にお願いいたします。

原則、各時間に1名となりますので、希望に添えない場合がございます。
また、診療終了後に行う場合は、お待ち頂くことがございます。
※ 水・土のみ2名まで受付可能です。

持ち物

「胚移植費用」を来院時にご持参ください。
費用:10万円

胚移植 当日の注意点

・ 自動車、自転車の運転はお控えください。

移植翌日からの生活に制限はありません。普段通りにお過ごしいただけます。

胚移植 当日の流れ

移植時間は、約5~10分程度です。

来院後に、薬を服用いただきます。
・安定剤:1錠
・子宮収縮抑制剤:1錠

※ 安定剤の服用に関して、体質などで不可の方はお申し出ください。

移植後は、20分程安静にした後、帰宅できます。

体外受精説明ページへ