不妊症治療の専門医。タイミング法など自然周期から、人工授精・体外受精・顕微授精までの高度生殖医療。不妊症にお悩みの方、不妊治療のご相談は名古屋市南区の山口レディスクリニックへお気軽にどうぞ。

ブログ

排卵日・基礎体温の見方に対する誤解

「不妊治療や妊娠関連に関する巷に広がる誤った情報や認識について」の第1弾として、タイトルの通り「排卵日・基礎体温の見方に対する誤解」について書いていこうと思います。
まず女性の身体は月経・排卵をさかいにして体温が約28日周期でそれぞれ低温期・高温期がありますよね。妊娠を目指したりする中で、日々の体温をチェックし基礎体温表をつけ、次の月経の予測などに役立てたりして、妊娠に向けて準備をしていくこととなるでしょう。しかし、巷で溢れる情報の中で排卵日の二相性に関して誤った知識が出回っていることがあることをご存知でしょうか。それは、排卵日を境に体温が上がり、個人差はあるが約0.3℃程度上昇し高温期へ移行する期間が2~3日間あり、その体温が上昇した初日を排卵日と断定してしまうような誤った情報により勝手に判断してしまいがちなので危険なのです。正しくは、その上昇期間2~3日の間のいずれかということで、詳しく確認したい場合はクリニックで受診することをオススメします。

次回は「排卵検査薬に対する誤解」について触れていこうと思います。

■ 関連記事

基礎体温についてのよくある質問
体温が下がった日が排卵日という誤解
不妊治療と基礎体温の関係

こちらの記事もおすすめです
■ 愛知県名古屋市の山口レディスクリニック婦人科ブログ
「 不妊治療や妊娠関連に関する巷に広がる誤った情報や認識 」 シリーズ
⇒ ” 不妊検査を受けると妊娠するかがすぐ分かるという誤解 ”

⇒ ” ピルの服用でがんや不妊症になるという誤解 ”

⇒ ” 不妊治療で卵巣機能が若返る、閉経まで妊娠が望めるという誤解 ”
⇒ ” 体外受精すれば何歳でも必ず妊娠できるという誤解 ”
⇒ ” 排卵検査薬に対する誤解 ”